多摩美術大学プロダクトデザイン専攻有志の学生さんが制作・発行しているフリーペーパー「RAW」をご紹介します。編集長の土田君(写真左)と、今回の広告紙面を作成してくれた副編集長の木村君(写真右)に制作秘話を伺いました。

世の中を素敵にしているデザイナーさんへのインタビューや、学生さんの作品紹介などを中心に、プロダクトデザインの魅力を伝えるというコンセプトで制作されている「RAW」ですが、17号の今号は「おもちゃとワクワク」がテーマです。

モリサワも今回初めて広告を掲載いただきました。モリサワのフォントを使用して紙面作成を担当してくれたのが木村君です。

木村君の提案は、広告紙面をハサミで切り抜いて組み合わせると「カレンダーの木」が出来上がる!というものでした。今までにない、プロダクトを学ぶ学生さんならではのアイディアです。

そんな木村君に今回の紙面作成の感想を伺いました。

今回の制作にあたって、一番最初にトンネルという書体の形にワクワクを感じたので今号のテーマでもあるワクワクの「わ」の文字を選びました。

普段、フォントは10ポイント前後の大きさで、テキスト情報として使っています。その為、それぞれのフォントがもつ文字の形を意識したことはありませんでした。しかし今回、長い時間をかけて「わ」を大きくしたり、小さくしたり、色々な場所に配置したりしてみたことで、ここの線って単純にまっすぐじゃないんだー。とか、ここまで調整されてるんだー、すごい!とか初めて気づくことがありました。

こんなにひとつの文字をじっくり見るということはなかったので、色々な発見があって楽しかったです。

プロダクトを学ぶ学生さんにも、フォントの感性が“ON”になってもらうことができて感激です!!!


是非みなさんも「RAW.17」をGETしてRAWオリジナルカレンダーを作ってみてください。

「RAW」公式Twitterはこちら!