横浜美術大学
ビジュアルコミュニケーションデザインコース 3年
栗原 亜莉沙さん

Q. どんな制作活動をしていますか?

A. グラフィックデザインを学んでいます。
その中でも、エディトリアルデザインや広告に興味があります。

 

Q. フォントの感性が“ON”になった瞬間

A. 浪人時代は、毎日デッサンや平面構成ばかりしていました。
大学に入学してすぐに、自分の名前でタイポグラフィを制作する課題があり、そこで初めて文字の楽しさに気付き、フォントも好きになりました。

 

Q. 好きなモリサワフォントとその理由

A. 「こぶりなゴシック」が好きです!
何と言っても使いやすいのと、並べたときにうるさくならなくて、すっと入ってくる。
個性も効いているので、さみしくならないところが好きです。
「こぶりな」というネーミングも、可愛くて好きです(笑)

 

Q. あなたから見た、この学校の先生って?

A. 横浜美術大学は学生の人数もそんなに多くないので、先生との距離も近いです。
先生からマメに意見をいただけるので、自分では意識しない部分に気付くことができ、作品の精度が上がります。友人とも、デザインの話ができるので楽しいです。

 

Q. スイッチが「OFF」になる瞬間

A. 写真が好きなので、学内をフィルムのコンパクトカメラを持って散歩して、キレイなものを見つけて撮ったりしています。作品のインスピレーションが湧いて、(こうしたら良かったんじゃないか?)とひらめくこともあります。

 

Q. これからチャレンジしたいこと、興味のあること

A. 私は、少し気の抜けたようなゆるいデザインが好きなので、「こぶりなゴシック」のようなゴシック体をよく使っています。

これからはポートフォリオを充実させたいので、明朝体を使うような、キレイめでカッコいいデザインも作っていけたらいいなと思います。