東京コミュニケーションアート専門学校様(以下TCA)と株式会社モリサワが、「フォントの感性を“ON”にする」コラボレーション企画を行いました。

今回の企業課題は、「学生にモリサワフォントに興味を持ってもらうためのツールと企画の提案」というもの。制作するツールは、グッズでもWebでも、ジャンルは自由です!

他の学生にフォントに興味を持ってもらうために、まずは自分たちがフォントに親しみを持つところからスタート。

2017年TCAの先輩の企画から生まれたサイト、自分で考えたオノマトペを好きなフォントで発信できるonomatype(オノマタイプ)で遊びながら、フォントを選び、選んだ理由を言葉で説明するトレーニングを行いました。
・2017年のTCA×モリサワの産学連携プロジェクト記事(1) (2) (3)


その後、フォントの選び方についてセミナーを受け、過去の様々な学校とのコラボレーションで生まれたグッズを観察します。
(自分だったらどんなツールを作ろうかな?)想像が膨らむ瞬間です。

中間発表では、企画を1枚のシートにまとめてツールや企画案について全員にご説明いただきました。
中間発表を受け、審査に残った7名が株式会社モリサワ 東京本社でプレゼンテーションを行いました。

似たような形の漢字の中から1文字を探すことで、遊びながら書体を観察できるWebサービスゲームを提案してくれた方、イラストと文字を組み合わせた「判じ絵」に注目して、若者言葉で手ぬぐいを提案してくれた方、その日の天気やイベントに合わせてフォントが変わる時計アプリを提案してくれた方、フォントの持つ表情と擬音で、料理の持つシズル感を表現したキーホルダーを提案してくれた方、街で見かけたモリサワフォントを収集するとご褒美の漫画が読める、ハンティングアプリを提案してくれた方…。

自分たちと同じ学生をターゲットにしたことから(どんなアプローチなら興味が出るだろうか?)と、しっかり自分ごととして考えていただいたことが伝わる、ユニークな提案が並びました。

一体どのアイディアが表彰されるのでしょうか? その様子は、次の記事にてご紹介します!

学校法人滋慶学園 東京コミュニケーションアート専門学校
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-29-9
TEL: 03-3688-3421 FAX: 03-3877-2766
http://www.tca.ac.jp/creative/