早稲田リンクスの岩下さん(写真右)、重岡さん(写真左)が『WASEDA LINKS vol.37』を届けに来てくれました。

今号のテーマは「壊す」。
編集長の吉田さんが、渋谷の開発現場を見て(壊さないと新しいものは生まれない)と感じたところから生まれたテーマとのこと。人の意識や価値観を壊して、壊した先に希望を抱いてほしい。そんなポジティブな意味での「壊す」を追求した内容になっています。

今号の紙面デザインを担当した岩下さんにお話をうかがいました。

表紙やビジュアルページは、赤と黒をテーマカラーに制作しました。
記事の中身がショッキングというか、普段の生活とかけ離れた内容なので、デザイン自体はキレイめに構成しました。

また、インタビューをたっぷり読ませたかったので、本文書体には読みやすくベーシックな「リュウミン」を選びました。

広告面は中川さんに担当いただき、フォントという「武器」を使って、今ある価値を壊すシーンを選んでもらいました。
戦いに応じて適した武器を選ぶように、伝えたい言葉やメッセージに合わせてフォントを選ぶ様子を、手の写真と漢字の部首を使って表現していただきました。

今号はインタビューの内容が好評で、多くが捌けてしまったとのこと。見かけた方は、是非GETしてくださいね!