専門学校HAL東京様、株式会社帆風様、株式会社モリサワとのコラボレーション企画が2018年春からスタートしました。

テーマは、「モリサワフォントを擬人化(キャラクター化)した、MORISAWA PASSPORTアカデミック版のプロモーションツールの提案」。フォントにあまりなじみのない学生でもとっつきやすい「キャラクター」を活用し、フォントの感性を”ON”にしてもらおうという試みです。

そして優秀なプロモーションツールを提案していただいたチームには、株式会社帆風のご協力のもと、ツールを実現化いただきます!

まずはモリサワスタッフから課題の狙いを伝え、フォントの背景や特徴の調べ方を伝授。そして株式会社帆風様スタッフからも印刷技術についてレクチャーいただき、どんなツールを作り、どのように使ったら効果的なのか考えてもらいました。

中間発表では、それぞれ工夫をこらした、ユニークな提案が並びます。予想以上の新鮮なアイディアに驚きながら、さまざまな質問やアドバイスが飛びました。
「見た人に、このキャラクターは、このフォントだ!とわかるキャラクターデザインになっている?」
「そのツールから、販促に繋げることができる?」
「その狙いだと、このフォントの方が適しているかも?」
擬人化するにあたり、文字の歴史や背景についてもっと知りたい!と、後日質問をしていただいたチームもありました。

いよいよ迎えた最終発表。
皆さん、緊張の面持ちでこれまでの成果を披露してくれました。

モリサワフォントが「方眼紙(原図用紙)から手描きで生まれる」ことをモチーフに、駅の壁面広告やトリックアートを用いた体験型広告を展開し、可愛らしいキャラクターグッズを配ることを提案してくれたチーム。

Photogenic(フォトジェニック)ならぬ、Fontgenic(フォントジェニック)をテーマに、キャラクターと一緒に写真が撮れ、友人と共有できるツールを提案をしてくれたチーム。

シンプルなゴシック体、流麗な筆書体、可愛らしいデザイン書体を擬人化したキャラクターたちが繰り広げる魅力的なストーリーから、フォントへの興味に繋げる提案をしてくれたチーム。

後日の審査の末、モリサワ賞と帆風賞をW受賞したのは「モリコレ」を提案してくれたチームでした!

まず、ターゲットとなる学生を対象に実際にアンケートを行い、フォントを持っていない理由を分析してくれたこのチーム。MORISAWA PASSPORTアカデミック版に収録されている書体のバリエーションの豊富さを紹介することで、周知に繋げることを提案してくれました。

ツールとして活用するのは、キャラクターのカードやリーフレット。カードではぷっくりとした質感が出せる株式会社帆風様の「MoriPica」を利用し、コレクションしたくなる1枚に。リーフレットではキャラクターだけでなくフォントについても学ぶことができる作りになっています。

「モリコレ」については、これから実現化に向けて、動いていきます!次回は、受賞後のチームへのインタビュー記事を掲載します。お楽しみに!