こんにちは!関西モリパス部の宇野冴香です。

218日開催のイベント「書体からみるデザインワーク」のお知らせです!!

普段、何気なく使っているその書体、実は「好み」で選んでいませんか?
人に情報を伝えるためには、書体の選定も大事な作業だと私たちは考えます。

「書体の選び方を知りたい!」
「実践的なデザインに挑戦したい!」
「他大学の先生と交流してみたい!」
という学生の方々、是非ご参加ください!

ゲストには、舟越一郎先生、坂野徹先生にお越しいただきます。

 

舟越一郎(ふなこしいちろう)
1994
年京都市立芸術大学デザイン科を卒業後、株式会社ATAにて百貨店の宣伝広告の制作から、オリジナルブランドのVIや、新規出店事業のアートディレクター業務を担当。2003年より、ソニークリエイティブワークス株式会社(現在ソニー株式会社に統合)にて、ソニー株式会社及び株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントのエレクトロニクス・ゲーム関連製品のパッケージやVI、ロゴ制作等を担当し、2008年より、京都市立芸術大学にて教育活動に携わりながら、多様なデザインプロジェクトに関わっている。現在ビジュアルデザイン専攻 准教授。

 

坂野徹(さかのとおる)
グラフィックデザイナー。京都市立芸術大学を卒業。岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(現|情報科学芸術大学院大学)を卒業。三菱綜合研究所、中垣デザイン事務所、フリーランスなどを経て現職。代表的な仕事に、「東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了制作展」アートディレクション、「系統樹マンダラシリーズ」図版デザイン、「第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会」アートワーク、「系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史」ブックデザイン、「美術手帖」デザイン、他書籍デザイン多数。 現在金沢美術工芸大学視覚デザイン専攻 准教授。京都市立芸術大学 非常勤講師。名古屋造形大学メディアデザインコース 非常勤講師。

 

引き続き開催まで、関西モリパス部員でイベントの詳細を追って紹介していきます。お楽しみに!

 

|イベント情報|
日時:2018年2月18日(日) 14:00〜17:00予定
場所:株式会社モリサワ本社 大阪市浪速区敷津東 2-6-25
ゲスト:舟越一郎先生、坂野徹先生
対象:美術系大学・専門学校在学中の学生
(フォントや文字に興味のある一般学校の学生も参加いただけます)
参加人数:30人(応募者多数の場合は抽選)
参加費:無料
参加方法:応募フォームよりご応募ください
https://goo.gl/forms/nZKCDJDXOmMzniQU2

お問合せ:mpac@morisawa.co.jp
※月~金 9:30~17:30 土日・祝は休業となります。

皆様のご応募、心よりお待ちしております!