専門学校浜松デザインカレッジ
グラフィックデザイン科1

長谷川 大輔さん

Q. どんな制作活動をしていますか?

学校の課題制作と並行して、自主的にデザインコンテンストに応募しています。

デザインコンテストへの応募は、まだ始めたばかりで、苦戦することも多いですが、試行錯誤しながら取り組んでいます。

Q. フォントの感性が“ON”になった瞬間

高校1年生の時です。

高校もデザイン系の学校に通っていたのですが「フォントって、フォントを変えるだけで、その言葉や文章の捉えられ方が変化するんだ!人にメッセージを伝える時に重要な要素だな」と気づけた時に “ON” になった気がします。

その時は、そんな風に考えていた訳じゃ無いかもしれませんが、今振り返って言葉にすると、そういうことだったのかなと思います。

Q. 好きなモリサワフォントとその理由

「こぶりなゴシック」です。

全体に小さめに設計されていて、本文などに使いやすいです。バランスや余白のとり方がすごく好みで、よく使っています。

Q. あなたから見た、この学校の先生って?

先生としてももちろんですが、みなさん元デザイナーだったり、今も現役で活躍されていたり、デザイナーとしてとても尊敬しています。

僕は、デザインって必ず理由があるものだと思っています。先生方は、感覚的なことだけじゃなくて、きちんと論理的に言葉にして教えてくれて、それがとても心地いいし、先生ってすごいなって思っています。

Q. スイッチが「OFF」になる瞬間

ぼーっと 考えごとをしているときです。

デザインのことを考えているときもあれば、洋服も好きなので、ファッションのことを考えていることも多いです。

Q. これからチャレンジしたいこと、興味のあること

グラフィックデザインとプログラミングを組合わせることに、興味を持っています。

最近だと、よく「第4次産業革命だ」と言われていますが、自分の発想を自分の力でかたちにして、自分で公開できる。これは、今の時代に生きているからこそ可能なことなんだなって幸せに思います。

実現に向け、プログラミングの勉強も独学ではじめました。色々な表現方法にチャレンジしていきたいです!